空気が悪いと感じたら、とにかく褒めちぎること

スポーツ好きの女性

今回は短めのオナクラ性体験談です。
写メ日記やプロフィールでも相手の素性がイマイチ掴めなかった場合は、保険として40分3,000円の激安コースを味わうようにしています。
今回の嬢は体験入店の子であり、プロフィール画像は準備中な上に自己紹介欄も真っ白。唯一投稿されていた写メ日記には、「ボルダリングが好きです!」と書かれていました。
ボルダリングが趣味の女の子~?って感じです。悲しいことですが、僕の経験から、特殊な趣味を持つ女の子は容姿がイマイチというジンクスを念頭に入れています。
でも、もしスポーツクライミングが好きな上に可愛かったら最高だなぁ~と思い、お試しコースにて会ってきました。
結論から言うと、如何にもなスポーツ少女ってタイプでした。スタイルが良くて、モロに体育会系と言わんばかりのハキハキとした声色、いつもランニングをしている僕以上に肌も焼けていました。
そして肝心の顔ですが……意外なことに、物凄く大人しそうな感じの顔つきでした。一言でいえば、体育会系の地味っ子。田舎臭い顔立ちだけど、普通に可愛い。
初めてのタイプだったせいか、そんな子に上目遣いで見つめられながらの自慰はいつも以上に緊張して、同時に快感も大きかったような気がします。

オナクラ中の沈黙について

40分しか無いので、3分くらいの雑談の後にプレイに取り掛かりました。
贔屓するオナクラ店がようやくクレジットカード払いに対応してくれて助かります。ポイントは溜まるし決済が楽だし、何よりムードを壊さずに済むのが一番いいです。せっかく嬢と良い雰囲気になったと思ったら「そういえばお金払って」って言われると、一気に現実に引き戻されて切ないし萎えた気分になります。
普通にラブホで出会い、そのまま行為に及べるのは嬉しいです。時間も数分節約できるのも嬉しいところ、あらかじめシャワーを浴びていてバスタオル一枚だった僕は、バッと露出狂みたいに勃起股間を見せつけてオナニーに掛かりました。
さっきも言ったけど、今回のスポーツタイプの女性は性格から容姿、話し方に至るまで、いままで出会ったことの無いようなタイプだったので緊張しました。
ベッドの上で胡坐を掻いてひたすらマスを掻く僕。その真正面から行為をジィ~ッと見つめてくる嬢・・・会話はなく、シ~ンとした空気が流れ続けていました。
まあ、気まずいってやつです。気にしなきゃ良いのに、どうも僕はこういう雰囲気が苦手で・・・そういうとき、コミュ力の心配される僕は、ただ嬢を褒めちぎることしか出来ません。
「〇〇ちゃん、体つき良いね」「可愛い!」「匂いとか最高・・・」なんて、変態中年オヤジのようなセクハラ発言を連発・・・これで、たまに引かれることも少々ありますが、相手によっては心から喜んでくれたりもします。
今回の子は、物凄く照れてくれました。ここから、一気にテンションとムードが高まっていきました。

とにかく褒めまくった結果

褒められ慣れてないのか、僕がキモい・・・いえ、甘い言葉を囁く度に、嬢が両手で口を押えながら「えーっ、えーっ、そんなことないですぅ・・・!」って恥ずかしがってくれました。
嬢に対する印象が、良い意味で一気に良くなりました。嫌々オナクラ嬢として働いてる空気がビンビンでしたからね、こうして喜んだり照れたりした様子を見られると僕も嬉しくなります。
それからはもう調子に乗って「ホントに可愛いよ、可愛い、可愛い」と、可愛いを連発してました。女の子を喜ばせる一言です。
褒めた甲斐あって、フィニッシュ時には僕をハグしてくれるようになりました。マス掻く僕の後ろから軽く抱きしめて、耳の穴に吐息を流し込んでくれたり。耳は弱いんで、急激に官能が高まって射精まで一直線でした。
また一緒に遊べたらって思うけど、でもなんとなくオナクラすぐに辞めそうな雰囲気を感じました。

コメント